Noise regulation

新基準対応品/平成22年4月1日以降の車両

交換用マフラーの事前認証制度とは?

「交換用マフラーの事前認証制度」は。国土交通大臣が登録し、その登録を受けた機関(登録性能等確認機関)にて、加速騒音試験を行い測定、規則値追加の基準値となる「82dB以下」をクリアし、「性能確認済表示」を表示しなければならないという新しい制度です。その他、騒音低減機構を容易に除去することができる構造の禁止「例:インナーサイレンサー等」と、使用過程車及び並行輸入車等のマフラーに対する 加速騒音防止性能の義務付けがあります。

認証の証明は?

事前認証をされた製品は認証取得表示を行わなければなりません。
認証取得表示の種類は以下の7種類となります。

※次のいずれかの表示があるマフラー
A:純正品表示「車両型式認証を受けた自動車等が備える純正マフラーに行う表示」
B:装置型式指定品表示「自マーク」
C:性能等確認済表示「登録性能等確認機関が確認した交換用マフラーに行う表示」
D:国連欧州経済委員会規制「ECE規則」適合品表示「Eマーク」
E:欧州連合指令「EU指令」適合品表示「eマーク」

※次のいずれかの自動車が現に備えているマフラー
F:加速走行騒音レベルが82dB「原動機付自転車は79dB」以下である自動車等
G:加速走行騒音レベルがECE規則またはEU指令に適合する自動車等

排気管の突出しに関する規制

排気管(マフラー)は、その上方のフロア・ラインを含む鉛直面から10mmを超えて突出してはならない。(図1)
※自動車が静止中および走行中のいずれの状態においても適応するものとする。

排気管(マフラー)は、その端部に丸みが付けてあり、かつ2.5mm以上の曲率半径を有するものにあたっては、フロア・ラインを含む鉛直面から10mmを越えて突出しても良い。(図2)
※但し、極端に車枠から突出し、危険物とみなされる場合は除く

旧基準対応品/平成22年3月31日以前までの車両

JASMA認証品とは??

JASMA (日本自動車スポーツマフラー協会) は、道路交通法及び道路運送車両法の保安基準に基づいた自動車排出ガス、騒音、熱害等の公害防止、安全確保について、より厳しい基準を設け、協会設定のスポーツマフラーとしての適正品質を明確化することにより、業界の普及に努める団体です。

自動車排気騒音

新規検査(車検)時に以下の規定値を越えると基準適合外となり、公道を走る事は出来ません。 規定値以上で走行した場合、平成15年4月以降は、罰金刑・懲役刑が適用されます。

測定方法

騒音に関しては、本来、排気騒音は、「近接排気騒音」「加速走行騒音」「定常走行騒音」の3種類が定められていますが、通常、継続検査時は「近接排気騒音」しか計りません。
以下に近接排気騒音の測定方法の概略を紹介します。

車両・測定マフラーとも十分に暖気した後、停車状態で、ニュートラルギア位置にて
最高出力回転数の75%の回転数までエンジンを回した状態を一定時間(一般的に5秒以上)保持し、急激にアクセルを離したときの最大音量値を測定します。
マイクロフォンは下記のように、マフラー端から45度後方の同じ高さで距離0.5mに設置します。
試験場所は、屋外の出来るだけ周囲からの反射音の影響を受けない平坦舗装路とし、天候は路面が乾燥している状態をたもてる、風速5メーター以下の条件で行います。規制値は最近の乗用車(平成10年規制車)では96デシベル以下(後部エンジン車は100デシベル以下)になるよう規制されています。(騒音計の設定は周波数補正がA特性、動特性をFASTとして測定します。)